こんにちは! 成れる会東京マインドセット実践会 代表の小関珠緒です。
今回は、東京メンバーの笠島稚子(かさじまわかこ)さんをご紹介します。
笠島さんは、笠島式中国語コーチングの代表で、成れる東京マインドセット実践会では3期生です。
https://chinese-coaching.jp/

笠島式中国語コーチングは、最短4ヶ月間でビジネス中国語がマスターできるカリキュラム。
会話力UPに特化し、業界初の日本人学習コーチとネイティブ講師の2人1組体制マンツーマンレッスンが好評です。

笠島さんと小関はもともと友人で、「わかちゃん」「珠緒さん」と下の名前で呼び合う仲。小関が先に2期生として成れる会に入っていました。

今回はコロナの影響もあり、Zoomでのインタビューを行いました。

********
小関 「成れる会では、どのような学びがありましたか?」

笠島さん  「いちばんは、『行動することが当たり前』という環境にあったことです。成れる会に入会後、同期の方が数か月で成長してきました。その変化を感じ取ったことが、自分にとっての刺激になりました」

小関 「そうでしたか!」

笠島さん 「成れる会は行動している人の集まり。『行動する人』が加速したという印象ですね。そうそう、何よりも、珠緒さんが成れる会に入って、すごく変わったのを覚えています」

小関 「わあ、そう見えていたのですね。そのあたり、詳しく教えてください」

笠島さん 「成れる会に入る前は、珠緒さんは悩んでいたことが多かったのですが、成れる会に入ってから、動くことが当たり前になったと感じました。これは、悪い意味ではありませんが、考えなくなった(笑)。
それから、発言にキレが出てきたと感じました。クライアントさんに対しての投げかけも、目的を持った投げかけをしているなと思ったことがあります。『ビジネスをしている女性』というイメージが強くなりましたね」

小関 「ありがとうございます! 昔の話、恥ずかしいですね。今の自分があるのは成れる会のおかげです。わかちゃんは、今後はどのようなビジネス展開を考えていますか?」

笠島さん 「笠島式中国語の中国語学習コーチを増やしたいと思っています。笠島式とは、潜在意識を活用した中国語コーチです」

小関 「潜在意識を活用したとは、どういう方法ですか?」

笠島さん 「最初に自分のなりたい姿であるビジョンを明確にし、その姿を見える化したビジョンボードの作成を行います。そして、アファーメーション(自分自身への宣言)も取り入れています」

小関 「中国語学習では、珍しいのではないですか?」

笠島さん 目標を明確にすることは大事ですからね。それと、学習習慣を身につけるために、毎日、学習報告の提出もしていただいています。また、学習コーチの先生、ネイティブの先生2人からレッスンを受けられるのも笠島式の特徴です。ネイティブの先生と中国語を話す機会はなかなかないですし、発音のチェックもしてもらえます。アウトプットの場がないと、なかなか上達しませんから」

小関 「いいですね! 目標を明確に決める、日々の習慣、アウトプットなど、成れる会で大切にしていることと同じですね」

笠島さん 「中国語学習コーチの養成は中国語だけでなく、集客アドバイスのほか、コーチ自身のブランディングなども教えています」

小関 「おお、そうですか。集客こそ、キモですからね」

笠島さん 「実は、まだまだやりたいことがいくつもあります。2~3つほど新規事業を立ち上げたくて。ゼロからイチを生み出すことが好きなんです。今、世にないものが、日の目を見るのが好きと言いますか。今後、どれだけ実現できるか、楽しみでもあります」

小関 「わあ、いいですね! ぜひ、成れる会の学びを活かしてください。まずは行動ですね!」

笠島さん、成れる会で学んでいたころより、ますます勢いが増していると感じました。今後の活躍も本当に楽しみです。
また、いろいろとお話をお聞かせくださいね。

成れる会東京では、ともに学ぶメンバーを募集しています!
少しでもご興味のある方は、以下からご連絡ください。
– – – – – – – – – – – – – –