成れる会、4期の秋山妙子です。

4期メンバーは8人。加えていつも卒業生が復習に来ます。

今日は卒業生5人に加え、京都は丹後の「成れる会」から2人が参加。にぎやかになりました。

「成れる会」には「行動した人しか腹に落ちない言葉」が沢山あります。それはどこかの講習に行けば、必ず教わるような、ありきたりの言葉だったりします。

その言葉に対して、何人もの講師が沢山の比喩や経験を用いて説明し、私達も小さな行動を重ねながら、背骨のようにリアルに自分の身体に装填していく作業を繰り返します。

言葉の定義に対してこだわりの強い私は、何かと質問をする生徒ですが、

「一度でわかろうとしないでください」「その疑問はそのまま持って行動を続けながら進んでいってください」と言われることもあります。

「行動した人にしかわからない」

これが正しいと思われる面白い点は、現役4期よりも卒業生のほうが、授業中に後ろの席で激しくうなづいていることです。

どうみても卒業生のほうが一言一句、腹に落ちている様子で、大切な要所要所で納得や共感、おそらく振り返りから来る「やってなかった」的なうなり声まで聞こえて来たりします。

大きな意味を持つ言葉の本質は行動した人しか理解できず、何度聞いても、その人レベルでの新たな反省や取り組みや発見がある、というのは読書や映画のようで興味深いです。名作は年齢を問わず、経験値によってその時の感じ方の違いを味わいながら、何度でも楽しめます。

私はいつも頭の中で物事をすすめてはそこで終わってしまう思考癖がありますので、この勉強会では、つべこべ言わず・とにかく・なにかしら・やってみよう、と腹を決めて取り組んでいます。

授業のはじめに、いつも講師の方が静かに、こう聞いてきます。
「この1週間、何か行動をしましたか?」

非常に簡潔で静かなこの一言こそが、私達4期生にシンプルな結果と甘えの現実を突きつける全てを網羅した質問です。

苦手なことに対して「苦手なのが私の個性」とばかりに、ぎっちり目をつぶっていましたが、片目ずつ開けて、取り組んでいこうと思います。

「自分の魅力を発揮して、お客様に喜んでいただきながら思いっきり稼ぐ」

これが4期8人で決めたテーマです。

行動しましょう!!!

11月26日(日)、27日(月)にこのメンバーで授業内容の講演会を開催します。

26(日)午後・横浜 矢澤・菅原
27(月)15時・京橋 藤沼・鈴木・河口
27(月)19時・京橋 平井・秋山

個性溢れるメンバーです。これから集客を開始します!!!
一緒に行動へ、シフトしていきましょう!
(笑顔で!!笑)

コメント