マインドセットは営業でも必要な考え方です。

ある外資系の保険会社では、こんな新人研修が行われています。

1日300件の自宅訪問営業

新人の営業マンは地図を渡され、

アポなしピンポン研修をさせられます。

「1日300件ピンポンして挨拶して回れ!」

これを1ヶ月ほど続けるそうです。

手には自己紹介のパンフレットを持ち、ひたすらピンポンし続けます。

新人ですから営業なんてした事はありません。

突然自宅に訪問されたら、あなたはどう思いますか?

間違いなく、ほとんどの家で断られます。

でも断られ続けていても、諦めないで続けていると数件の契約が取れるそうです。

経験が全ての不安を解決する

保険会社の研修でアポなし訪問をさせらるのは、実際にアポなし訪問でも成果が上がるという経験を上司の方がしているからです。

新人の方は営業なんてした事ないし、どこに訪問したらいいのかもわかりません。

 

初めはきっと

「知らない家に突然訪問するなんて嫌だな〜、断られるに決まってるじゃん」

そう思いながら呼び鈴を鳴らすわけです。

1日目、2日目、3日目、全く相手にしてもらえません。

彼の心の中は

「こんな事やっても、契約なんて取れるわけないよ。」

何日も相手にされなかったら心が折れます。

それでも、会社に行くと上司に

「今日は何軒断られた?」

「よし、もっと行ってこい!」

これの繰り返し。

1週間経っても相手にされる事はありません。

会社に戻り、めっきり落ち込んでいると笑い声が・・・

なんと、他の新人が同じようにアポなし訪問で契約を取ってきているではないですか。

それも何と2件も・・・

 

パラダイムシフト

契約なんて取れるわけないと思いながら自宅訪問をしていた彼、

でも他の新人は契約をとってきている、

一体自分と何が違うのだろう?

話を聞いてみると、ただひたすら自己紹介をさせてくれる相手を増やすことに専念しているようだ。

 

保険を売り込むのではなく、自分を売り込む!

 

自分は新人で、契約なんてすぐに取れるわけはない

ならば自分を知ってもらおう。

 

今までの考え方をちょっとだけ変えて行動しました。

それでも、契約は取れません。

1000軒、2000軒と断られ続けます。

でも何軒かはパンフレットを受け取ってくれるようになりました。

さらに3000軒、何軒かは話を聞いてくれる人も

そして3週間が過ぎた頃に、やっと1件の契約が取れたのです。

話を聞いていると老後の生活が心配だという

そこで相手の為になる提案をしました。

本当にこの人に役に立つ保険を紹介しただけです。

でもこうして1ヶ月間、ただひたすらアポなし訪問をする事で、契約を取れるという経験をすると、考え方が変わります。

「断られ続けても、そのうち契約は必ず取れる、だから行動をやめない」

こう考えが変わったら、もうアポなし訪問だって全く怖くありません。

これがマインドセットです。

諦めずに繰り返し経験をしていれば、いつか契約は取れる。

まとめ

マインドセットは営業にもっても重要な力です。

考え方が変われば行動が変わり、結果も変わります。

 

 

コメント